夜勤専従看護師の勤務はどう?

交代制勤務の夜勤の負担を減らしたり、看護師の人員不足、経営改革の一環などから、夜勤専従看護師の採用をしている病院が増えてきています。夜勤専従看護師とは、その名の通り、夜勤に勤務することを専門としている看護師のことです。

病院によって時間帯に多少の違いはあるでしょうが、2交代制をしいている病院であれば、午後5時~翌朝9時くらいの勤務が多いでしょう。3交代制であれば、深夜0時~朝9時くらいの、いわゆる「深夜勤」にあたる時間帯に勤務することが多いです。

2時間ほどの休憩時間を取れることが多いようですが、もちろん現場の状況によっては休みを取れないこともあるでしょう。 夜勤専従看護師の主な仕事には、体位交換やおむつ交換などがあります。

寝たきりや体を自由に動かせない患者さんの床ずれを防ぐために、定期的に巡回して体位をかえます。 力仕事が多いですね。体位交換、点滴の管理などある程度時間が決まった仕事の合間に、ナースコールの対応なども行います。 もちろん、緊急事態があればそれにも対応することが必要です。

夜勤専従看護師ならではの注意点は、薄暗い状況で、適切な処置を行わなければならないことです。 日中の状況や普段の様子をよく知らないまま、対応することになるので、時に繊細なやり取りが必要になることもあるでしょう。

特に、日中に新たに入院してきた患者さんの場合、一度も起きている顔を見ないまま対応する可能性もあります。とはいえ、患者さんにとっては同じ看護師ですから、夜勤専従を理由にすることのないようにしたいですね。

気になる夜勤専従看護師の待遇ですが、1回の勤務で2、3万円のところが多いようです。 このあたりは病院によって差がかなりあるようなので、確認を忘れないようにしましょう。

夜勤ができる回数は国によって指針が示されており、せいぜい8、9回といったところです。 月収にして、夜勤専従看護師の給与は20~30万前後になるでしょう。 夜勤は体にも負担のかかることなので、よく検討してから就職先を選びたいですね。

日勤専従希望の看護師

子育て中の人や、生活リズムを崩したくないという看護師さんの中には、夜勤がない医療施設での勤務を望む人も少なくありません。 何年か前までの看護師の常識として、夜勤は避けて通れないというものがあったのではないでしょうか。

ですが最近では、日勤のみでも構わないという病院も僅かですが存在しています。表向きは日勤のみは負荷としている病院だったとしても、相談することによって可能になることもありますので、粘り強く日勤のみの病院を見つけていきましょう。

とはいえ一人だけで日勤の病院を見つけたり、病院相手に交渉を行うのはなかなか困難なことだと思います。このようなケースでは看護師に特化した支援サイトなどを上手に利用して、病院を見つけるのがオススメです。

専門のコンサルタントに相談し、日勤のみでの勤務希望を伝えることによって、希望に沿った病院を見つけてくれます。

表には出していない求人情報もコンサルタントは持っていますので、条件のいい案件を見つけるためにも、看護師専門の転職サイトにエントリーする事をオススメしたいのです。

元々日勤のみの看護師さんの求人を出す病院もあります。日勤の看護師さんが不足していたり、新しく設立された病院などでは、日勤専従看護師さんの求人を出していますので、募集がかかったらすぐに連絡をもれるように、コンサルタントに依頼しておくのがいいでしょう。

看護師求人サイトを利用しなくても、確かに病院を探すことは出来ます。新聞に入っている求人ペーパーや、地域のフリーペーパーにも、よく医療施設の職員募集が掲載されている為です。

但し求人情報の数が全く違います。看護師求人、転職サイトには多くの病院が求人情報を出していますし、地元の病院も簡単に捜す事が可能です。

ですから日勤専従看護師求人情報を見つける際にも、豊富な数の求人が出ている、看護し転職サイトを活用する事がお勧めと言えます。無料でエントリーができますので、上手に活用してください。

看護師資格を持つ芸能人や作家から学ぶ

テレビでよく見かける芸能人や著名人の中にも、看護師の資格を持った人たちが存在します。また、看護師資格取得前にやめてしまったけれど、看護学校には通っていた芸能人の人たちもいます。

例えば女優の小雪さんも、看護学校に進んだ芸能人の一人です。ただし、高校生の頃に『non-no』の専属モデルになってしまったため、看護学校に進学した後中退されたと聞きます。

タレントの熊田曜子さんは看護学校に進んだ後、芸能事務所のオーディションに受かり、そのままデビュー、やはり看護学校は中退してしまったそうです。

芸能人の中には、看護師資格に合格したものの、看護師として勤務はしなかった人も存在します。 声優の林原めぐみさんもその一人です。高校を経て看護学校と声優養成所に三年間通ったそうですが、最後に選んだのは声優という道でした。

元日テレアナウンサーの山本麻衣子さんは、医療系の短期大学を卒業した後、東大の医学部の編入試験を受け合格したそうです。その後看護師資格と保健師資格の試験に見事合格したそうですが、実際に看護師として働く機会はなかったとか。

看護師の業務は肉体的にも精神的にも大変なものです。そこにさらに芸能界で活躍を目指すには、なかなか難しいものがあるでしょう。

せっかく看護学校に入っても中退したり、看護の仕事に就かないのであれば中途半端なことはしないで欲しい、そんな風に口にする人もいますが、そこはその人の人生ですので口出しできることではないですよね…。

ですが芸能界の中にも、看護の現場で活躍していた人もいます。 タレントの石井苗子さんなどは学士として聖路加看護大学に入り看護学を学んだ後、東大大学院に進みました。後に保健学博士号を取得し、客員研究員として東大医学部で活躍されていたそうです。

現在は看護師と保健師以外にも、ヘルスケアカウンセラーの資格を取得し、「きぼうときずな」という、東日本大震災被災住民支援を続けていらっしゃいます。

作家の小林光江さんは約四年間、病院勤務の看護師をされていたそうです。看護師をした後は編集者などのキャリアを活かし、今では文筆業に携わられています。

原作者としては「おたんこナース」で有名になり、それ以外でも看護や医療に関する評論、女性の生き方をメインにおいた小説など、様々な分野で多くの人々の支持を受けています。以前から終末期医療やエンジェルメイクなどに深い知識を持たれていて、何冊か本も執筆されました。

看護の道を進みながら芸能界への夢を持つことも、他の職業を頑張りながら看護師の資格を取得することもどちらも素晴らしいことです。上記の芸能人や文筆業の方の話はたくさんある事例のひとつでしかありません。

人の数だけ働き方の数は存在しますし、もっと自分らしく看護へと携わること、このような思考も大切なのではと個人的には考えています。看護師という今の職業に迷いがあるのだとしたら転職もいいでしょう。看護師だからといって窮屈に生きなければいけない、なんてことはないのです。

転職するということは一大イベント、一人では大変なこともあると思いますが、最近では転職サイトもたくさん存在します。上手に活用して、自分らしく生きていきましょう。

メニュー

ページの先頭へ