知人の紹介で転職する

看護師は比較的転職をしやすい仕事と言われています。 それは全国的に看護師が不足しているからです。 転職活動の方法や、転職情報を集める方法はさまざまありますが、中には知人から紹介してもらうという人もいるでしょう。

看護師は、同じ職業でのつながりも強く、また看護師になる過程、もしくはなってからの過程でお世話になる人や知り合う人も多いためです。 看護学校時代にお世話になった恩師や卒業した学校のつてで、転職情報を得られることもあります。

先述したように、慢性的に看護師不足であるという背景から、看護師を紹介すると、紹介者に謝礼金が支払われるケースもあるそうです。 それほど、看護師は重宝されているということでしょう。

知人の紹介で転職をするメリットは何と言っても、転職の成功率が高いということです。 人材を求めている側からすれば、全く知らない人を雇うよりも、なにかしらつながりのある人から紹介された人のほうがリスクは少ないですからね。

しかも紹介者がそれなりの地位や信頼を集めている人からであれば、かなりの確率で転職は成功するでしょう。知人を通して、一般的な求人情報には載らないような、現場の雰囲気や環境を知られるというメリットもあります。

一方で、知人の紹介で転職をするデメリットもないわけではありません。 まずは断りにくいということです。とりあえず話だけでも聞きに行こうと、行ってみたらなんとなく断りづらい雰囲気もあって、聞きたいことも聞けないまま転職が決まってしまったなんてこともあります。

また、納得して転職したにしても、今度は辞める時に、紹介者の顔もあって辞めづらいということになりかねません。 本当に納得できる転職で、しばらくはそこでお世話になるつもりならいいですが、知人の紹介で転職する際にはそれなりの覚悟が必要でしょう。

転職を決断したのならいいですが、まだ迷っている段階で安易な紹介は求めないほうがいいかもしれません。 転職活動のために、友人関係にひびが入ってしまった、なんてことだけは避けたいですね。

メニュー

ページの先頭へ