看護師の転職情報を使い分ける

転職活動には、それなりの時間とエネルギーが必要です。 ましてや働きながらの転職活動となると、心身の負担が増すだけでなく、今の職場に気を使ったりしなければなりません。

安易な転職活動は、転職活動の失敗を招きますし、中途半端な行動や態度は、今の職場との関係を悪化させてしまう危険性すらあります。看護師の転職活動には主に3つの方法があると言えるでしょう。

公的な機関であるハローワーク、看護協会が運営するナースセンター、民間の看護師転職サポート会社です。それぞれいい面、気をつけなければならない点があり、うまく使い分ける必要があります。

たとえばハローワークは、無料で利用でき、情報の信頼性が高い半面、看護師以外の情報も含めた多くの情報から自分に合ったものを見つける必要性がでてきます。 また、実際の採用活動まで進まないと、詳しい雇用条件などがわからないことが多いです。

ハローワークの開業時間に行かなければならないことも、働きながら転職活動をしている人には負担になるかもしれませんね。 看護協会が運営するナースセンターは、看護師に特化した情報提供や転職情報の紹介が特徴です。

無料で利用できるのもありがたいですが、人材を求めている側も登録すれば自由に無料で利用できるため、情報の精度についてはわからない部分もあります。

民間の看護師転職サポート会社は、主に看護師の転職サイトに登録して利用することになり、24時間いつでも転職活動できるというのがメリットです。 専門のコンサルタントが相談に乗ってくれたり、自分にあった転職先を紹介してくれるなど、手厚いサポートが魅力と言えます。

一方で、転職サポート会社は人材を求める側からの報酬により運営されているので、その報酬を得るために仕事をしているということを忘れてはなりません。 報酬の差によって、紹介の優先順位が変わる可能性もあるということを忘れないようにしましょう。

転職活動の成功は、それぞれのいい点と気をつけなければならない点を考慮した上で、情報を使い分けられるか、ということにかかっています。

メニュー

ページの先頭へ