看護師とはどんなことをする人?

病院へ行くと、具合の悪い私たちにやさしい笑顔を向けてくれるのが看護師です。では、この看護師はどのような仕事をしているのでしょうか。

看護師とは、医師の指示の下で患者さんの診療の補助をしたり、患者さんが入院生活をしやすいように日常生活の援助や介護を行います。医療チームの一員として、専門的な知識を身に着け、技術に基づいて患者さんをケアしていきます。医療チームの中でも、看護師が一番患者さんと接する時間が多くなります。

患者さんの体だけではなく、心の面もサポートし、医療行為をしやすい環境を作り、ケアを提供しています。看護師の仕事は、医療に携わる様々な専門職の中でも最も奥が深く喜びも大きい仕事だと言われています。

では、看護師になるにはどうすればいいのでしょうか。

看護師は、「保健師助産師看護師法」という法律によって、厚生労働大臣の免許を得て患者さんの世話や診療の補助を行わなければいけないと定められています。看護師になるには、高校の看護科や看護学校などで専門的な養成教育を受けて、国家試験に合格しなければいけません。

国家試験に合格をしなければいけないのは「正看護師」なのですが、都道府県での試験に合格をして知事より免許を交付された人を「准看護師」といいます。どちらにしても、看護師になるためには看護に関する専門教育を受けて、卒業後に試験に合格をする必要があるということです。

先ほども述べましたが、看護師には「正看護師」や「准看護師」の他に、「認定看護師」と「専門看護師」があります。それでは「認定看護師」と「専門看護師」の説明をします。

「認定看護師」は、必要な教育課程を修了し、特定の看護分野において熟練した看護知識と技術を用い、看護ケアを実践できる看護師として日本看護協会から認定を受けたものをいいます。

「専門看護師」は、日本看護協会専門看護師認定試験に合格し、ある特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有することが認められたものをいいます。

つまり、「認定看護師」と「専門看護師」は看護師がキャリアアップしたときの資格ということです。

メニュー

ページの先頭へ